サイトについて

地域密着の不動産会社に勤務していました。現在は他業界に勤めるしがないサラリーマンですが、今まで得た知識を役立てたいと思いこのサイトを開設しました。これから土地を購入される方への良いアドバイスとなれば幸いです。

土地情報の集め方

土地情報の集め方

土地情報の集め方については、今は基本的にインターネットになります。不動産のインターネットの情報は、不動産ポータルサイト、各不動産会社の自社サイトに大きく分かれます。不動産ポータルサイトの数は多く、リクルートが運営するスーモ(SUUMO)、株式会社ネクストが運営するホームズ、アットホーム、ヤフー不動産などが主立ったところで、その他数々あります。

自社サイトに関しては、ほとんどの不動産会社で開設、運営を行っています。大手不動産会社は、自社で売主さまから直接販売を請負った(媒介契約を締結した)物件を中心に掲載しており、掲載数は、エリア単位で見ると多くはありませんが、室内写真の掲載や売主さまからのコメントを掲載するなど、情報が詳しいことが特徴。また大手以外の独立系の中堅不動産会社のサイトでは、掲載数が多かったり、1物件当りの情報量がとても多かったり、個性的なサイトもあります。

※なお最近は不動産サイトの乱立により、運営していてもお問い合わせがほとんど無いため、実際はほとんど運営、更新されていないサイトもありますので、注意が必要です。また不動産広告は鮮度がたいせつです。ユーザーからのお問い合わせ獲得のために、商談が入った物件や場合によっては契約が終わった物件を掲載し続ける不誠実な不動産会社も一部あります。他の不動産会社ではすでに成約になって掲載されていないが、掲載を続けている不動産会社は注意した方がいいと思います。

ポータルサイトと不動産自社サイト、それぞれで得られる情報が違うので、状況に応じて使い分けるのが大事です。 土地勘が無い場合などはまずは多くの情報を集めるところから始めるのがいいでしょう。

U・Iターンなど土地勘がない場合

まずは情報が多く集まる不動産ポータルサイトで情報集め

スーモ(SUUMO)
suumo
http://suumo.jp/
リクルートが運営する不動産ポータルサイトです。全国の売買、賃貸の物件が検索可能。マリモの様なキャラクターがおり、緑色のスーモの他、黒いドンスーモとドンスーモ一家、ピンク色のスモミなどがいます。
住まい探しに役立つノウハウも掲載されており、Iターンなどで住居環境ががらっと変わる際に利用してみるというのも一つの手です。

地方自治体によっては助成を得られます。住環境の情報を得ておきましょう

不動産ジャパン
fudo
http://www.fudousan.or.jp/
公益財団法人不動産流通推進センターが運営する不動産ポータルサイト。全国の売買、賃貸の物件が検索できます。『ハトマークサイト』『ホームナビ』『ゼネット』『全住協ネット』の不動産流通4団体のサイトに登録された全ての物件が掲載されているほか、住宅売買や改修・リフォームの際などに自治体から受けられる様々な住宅関連の助成についての情報が得られます。

ポータルサイトでなかなか情報が見つからない場合

U・Iターンに合わせて、物件を探していても、なかなか希望の物件が見つからない場合があります。そんな時は独自の情報が得られるサイトや、別の視点から物件を探せるサイトなどで探してみましょう。

ポータルサイトでは得られない独自の情報を探す

オーブンハウス公式サイト
open
http://oh.openhouse-group.com/
オープンハウスが運営する東京都、神奈川県の新築一戸建て、新築マンション、土地が探せるサイト。設立当初はセンチュリー21に加盟していましたが、2012年にフランチャイズ契約を解消、現在は自社ブランドで営業を行っています。なんといっても会員登録することで、非公開の物件も閲覧できることが大きな特徴です。ポータルサイトでは探せない物件が見つかるかもしれません。

地価から希望に合う町、土地を探す

まちっか
machi
https://machikka.com/
まちっかは、希望の予算・条件に合う町が探せるため、各エリアの土地相場を把握するのに便利なサイトです。またメルマガ登録すれば、条件にマッチした土地情報をメールで受取ることが出来ます。 思うように希望の条件の物件が見つからない場合は、住む町から考えてみるというのもいいと思います。関西方面を検討している人は一度利用してみてもいいかもしれません。

大都市以外で探す場合は、地域密着型のサイトを利用

東京でも23区などの都心部、大阪、兵庫でも大阪市や神戸市などの大都市は情報が集めやすいのですが、地域によってはポータルサイトや中堅不動産サイトでも情報があまり得られない場合もあります。そんな時は地域密着型のサイトで情報を集めるというのも有効な手段です。

東京でも23区外での情報を探すなら

株式会社クリスティ
ku
http://www.christy.co.jp/search/?city=13_999
23区外でも物件が豊富なのが大きな特徴なほか、会員登録することで物件画像など詳細なデータが見れるため、ポータルサイトでは得にくい情報も得られます。 都心部以外を検討されている場合は一度利用してみてください。

関西方面で、大阪、神戸以外の都市なら

フロンティア不動産販売
fro
http://www.frontier5566.com/area/27209/
大阪市、神戸市以外の物件情報が多く掲載されているのが特徴です。大阪市の中央エリアでも守口市や大東市などを検討されている方は利用してみてください。 京阪や堺エリアの情報も多数掲載されているのも特徴の一つです。

まずはブックマークして情報を整理しましょう

情報収集の為には、出来るだけたくさんのサイトをハシゴした方がいいに決まっているのですが、これだけ沢山サイトがあると、全てを確認するのは無理です。 そこでおススメしたい方法のまず一つは、5つ前後のサイトをブックマークする。そしてほとんどのサイトで、検索条件を記憶させられますので、5つのサイトを巡回して、検索を繰り返す方法。またブックマークするサイトは、まずポータルサイトを一つ。次に独自の情報があるサイト、そしてその地域で力のある独立系の中堅不動産のサイト。これらがおすすめです。

もう一つの方法は、希望条件に基づいた情報が送信されるメールマガジンに登録することです。サイトによっては物件の検索条件で、そのままメールマガジンの登録が行える様になっています。また不動産会社の自社サイトでは、会社によっては、希望条件を登録すれば、サイトに掲載していない新着物件の情報もあわせて、メールで送ってくれるので、売り出し物件を漏れなく把握することが出来ます。物件をサイトに掲載する為には、売主さんと売主さんを直接担当している不動産会社の許可が必要です。そのため、実はサイトに掲載されていない売り出し中の物件も多数あります。

土地を探している方にオススメの記事

このページの上部へ