サイトについて

地域密着の不動産会社に勤務していました。現在は他業界に勤めるしがないサラリーマンですが、今まで得た知識を役立てたいと思いこのサイトを開設しました。これから土地を購入される方への良いアドバイスとなれば幸いです。

どんな土地が欲しい?構想を練ろう

どんな土地が欲しい?構想を練ろう

土地の購入は、一生で1回経験するかどうかの一大イベント。じっくりゆっくり検討を重ねましょう。家族や自分が求める条件や目的を洗い出し、どのくらいの広さの土地が必要か、どんな町が自分に合っているのか。購入資金については専門家の意見を取り入れてみるのもいいかもしれません。住みたい町が決まったら不動産ポータルサイトや不動産会社の自社サイトなどで土地情報を集め、予算と希望に見合う土地を探しましょう。

必要な土地の広さを知ろう!

必要な土地の広さを知ろう!

必要な土地の広さを知るにははいったいどのような事を考えれば良いのでしょうか。
都市部であれば広すぎる土地は高額になっていきますし、固定資産税や都市計画税などのランニングコストが上がってしまいます。ここで重要になるのは自分や家族がその土地でやりたいことや建てる家の規模など、住まいのイメージをある程度まとめておくことです。
やりたいことをするには最低限どの程度の広さの土地が必要なのか、具体的に見てみましょう。この記事をチェック

自分にあった町を見つける。

自分にあった町を見つける。

土地購入の際に大切になってくるのは、どんな街に土地を買うかということです。
希望の町が決まっていない場合は選択肢が膨大な数となり、途方に暮れてしますこともあります。通勤時間や教育環境など、自分と家族の希望条件を洗い出てみましょう。
また、購入資金についても重要になってきます。自己資金はどれぐらい出せるか、借入額はどれぐらい借入できるかなど、専門家の意見も取り入れ、予算について考えてみましょう。この記事をチェック

土地情報の集め方

土地情報の集め方

インターネットの発達によって不動産情報も今は自宅で調べれる時代となりました。
不動産情報はスーモやホームズ、アットホーム、ヤフーなどの不動産ポータルサイトや、不動産会社の自社サイトなどで調べることができます。自社サイトには、不動産ポータルサイトには掲載されていない物件があったりすることも少なくありません。また独立系中堅不動産会社のサイトの中には、個性的なサイトも見られます。
ただ、すべてのサイトを調べようとすると膨大な時間がかかってしまうので、うまくサイトを取捨選択していきましょう。この記事をチェック

土地を探している方にオススメの記事

このページの上部へ